10歳までの子供は、耳から入った通りにまねをしたり、音に合わせて歌ったり、踊ったりする事が大好きです。意味はわからなくても、身体で楽しむ幼稚園児。英語の音声を最も吸収する小学1年生~2年生。英語を使ってみたくなる小学3年生~4年生。この時期を逃さず、英語のインプットを心掛けていきましょう。
子供の英語の習得は、”聞く”→”話す”→”読む”→”書く”の順番です。
最初に、大量のインプットがなければ、聞いて理解する事も、話す事も出来ません。
日本人は、英語の読み書きは出来ても、喋れない理由は、このインプットがないからです。母国語である、日本語でさえ、2~3年もインプットに費やしているのです。たまにしかふれない英語では、もっと長い年月がかかるのは、当然です。